読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

愛、夢、笑顔というスローガンを使うことについて

広告って「愛」「夢」「笑顔」みたいなことを押しつけてしまう場合がある。この手のことを言ってしっくりするブランドとそうでないブランドがあって大抵が後者だと思う。普段の行いや社会に与えている影響とか、社員の態度や社風とかがかなり関係すると思う…

クリエーティブ企業と高等教育や義務教育との関わり方

トロントにある"Oasis Skateboard Factory"というスケボー&ロングボードのブランドはただのブランドではない。現役高校生が運営しているブランドであり、トロント教育委員会(Toronto District School Board)が管轄し、生徒の単位取得の対象となっている。 そ…

あなたに肩書きを授けます。

ある人によると広告業界は世界一"イキっている"業界だそうだ。そしてそれを象徴する1つに意味不明の肩書きがあるけど、この"Badass Advertising Job Title"はそれを揶揄したジェネレーター。あなたの名前を入力すれば、あなたに相応しい複雑怪奇な肩書きが授…

PES新作"Submarine Sandwich"

映像演出家"PES"(この人、とても好き)の新作"Submarine Sandwich"。"Submarine Sandwich"とは棒状のパンを2つにスライスして具材を挟んだサンドウィッチ。潜水艦型であることからこう呼ばれる。サンドウィッチチェーン"SUBWAY"の名前の由来でもある。 今回は…

音楽の新しいパッケージングの試み

音楽をデジタル的に(変な言い方だけど)消費することが一般化した。レコードスリーブもCDジャケットも必要とされなくなりつつある。そういった失われつつある音楽を視覚的に感じる要素みたいなことを考えたプロジェクトがJohn Daviesによる"Soundscape"だ。 …

これはホテルビジネスの新機軸か?

去年夏、"最高にロマンティックな1室だけを売るというホテルビジネス"というエントリでパリの美術館“Palais de Tokyo”の屋上にできたエッフェル塔の絶景を臨む1室だけのホテルを紹介したけど、同じようビジネスモデルがAustriaで登場した。 "Graz(Austria)一…

あなたのブラウザに表示される広告をまとめて表示&分析

広告は多くの場合、あまり心地良いものではないが、特に行動ターゲティング広告につけ回されるほど不快なことはない。Floodwatchは行動ターゲティングを含む、あなたのスクリーンに現れる全ての広告を洗い出すChromeエクステンションツールであり、データビ…

人々は路上で自販機を見ると笑ってみたり踊ってみたりする。

Coca-Colaが自販機を使ってスタント企画を始めて以来、ダンス,笑顔,欠伸...など、ユーザーのアクションと引き替えに商品をサンプリングしたり、プレゼントをすることによって、ソーシャルメディアでの会話を狙う自販機プロモーションが多発した。それだけ多…

広告賞のケーススタディビデオを讃える 「The Caseys 2014」

Cannes, CLIO, One Showといった国際的な広告賞で必要なのは何か?...クリエイティビティ溢れるプロジェクトとそのプロジェクトをプレゼンする為のクリエイティビティ溢れるケーススタディビデオだ。突如広告界に舞い降りた"The Caseys 2014"なるアワードは、…

広告業界トレンドを揶揄し続けるJohn St.~今回はReactvertising

広告業界には目まぐるしく変化するトレンドがあり、一般的なトレンド同様にそれを主導する人、大多数の追いかける人、数少ない揶揄する人が存在する。John St.(中堅エージェンシー/カナダ)はその数少ない揶揄する側である。彼等が今回揶揄しているのは"Real-…

Doveの対抗軸を意識した広告展開で炎上するVictoria's Secret

広告や雑誌グラビア、映像で女性モデルのイメージをフォトショップ加工することは、以前は"悪"ではなかったが、今、それはハッキリとバッシングの対象になっているようだ。 セクシー路線を直走る下着ブランド"Victoria's Secret"が新ブラジャーの広告コピー"…

Femvertising が大流行か?

以前"女性ブランドにとってフェミニズム的ストーリーが流行?"や"女性に自信を持って生きることを呼びかける物語の重複"等のエントリーで"フェミニズム的ストーリーテリング"の流行について書いたけど、この趣向は女性をターゲットとするブランドに確かな効果…

聳え立つ高層ビルの屋外ビジョンをハック

各地の高層ビルのTOP OF TOPを制覇する"ON THE ROOFS"(Vitaliy Raskalov + Vadim Makhorov / ロシア)が香港の高層ビル屋上の屋外ビジョンエリアに侵入&ハックし、"What's up, Hong Kong?"というメッセージとハッキングの模様を撮影した映像を流した。また、…

女性に自信を持って生きることを呼びかける物語の重複

女性が自分自身にもっと自信を持って生きることを働きかけるDoveによるプロジェクト。5人の母娘が登場するんだけど、母娘双方に身体の中で自分の好きな部分・嫌いな部分を列記してもらい双方のリストを照らし合わせると、母と娘双方が嫌いな部分(=コンプレッ…

広告はダメでアートは良い

平日平均で550万人を運ぶNYCの地下鉄は世界7位にして北米最大の規模の地下鉄。そして、そこで囚われの身となる人たちは格好の広告ターゲットとなる。これまで、それを拒否しようと数々のアーティストがゲリラ活動を試みたが、依然として広告に囲まれる状況に…

公共空間をより機能的に、より楽しく

JCDecaux, Florian Brillet, Nicolas Lelievreによる"Mens sana in corpore sano"(健全な精神は健全な身体に宿る)と題されたフランス国内のプロジェクト。街頭や標識といった公共物をゴルフ、フットボールなどのスポーツ空間に変え、国民の運動不足問題に貢…

ストーリーテリング...終わりの始まり

"ストーリーテリング"は去年〜今年にかけての広告界におけるNo.1のバズワードだ。カンヌライオンズでも"ストーリーテリング"をテーマにしたセミナープログラムが多く、また、一部のクリエーターは自らを"ストーリーテラー"と呼んでいるそうだ。その"ストーリ…

重要な製品発表会で、AppleはOK Goのアイデアをパクったのか?

"Perspective"(見方)と題されたAppleのフィルム。火曜日にカリフォルニアで行われた新製品発表会の冒頭に公開されたフィルムであり、トリックアート的手法を使った演出が印象的だ。 ここで語られているメッセージの一部を抜粋すると... いつも異なる角度で物…

Nikeはアスリートをサポートするために専用の飛行機を開発

スポーツブランドのミッションがアスリートが最高のパフォーマンスを発揮できるようサポートすること...であれば、Nikeがアスリートの移動用飛行機を開発していることも頷ける。 デザインコンサルティング会社"Teague"とのコラボレーションでデザインされた…

1970年代〜現代までのデジタルアートの動きを凝縮した The Barbican Digital Revolution

欧州最大の文化施設"Barbican"(ロンドン)で"Digital Revolution"なるイベントが9月14日まで開催中だ。これは初期のビデオゲームやシンセサイザーミュージックやコンピューティングから直近のインタラクティブアートやウェアラブルテクノロジーまで幅広く網羅…

広告賞以外の広告に与えられる賞...エミー賞

週末に開催されたエミー賞で"Outstanding Commercial"が発表された。Cannes Lions, One Show, CLIO...etc 広告業界には色々と賞レースがあるけど、業界の事情や業界内だけのトレンドが反映された賞でもあり、一般的とは言えないだけに、TVCMに限定されている…

Levi’sの広告が偉大だった頃を覚えているかい?

"Creative Review"がLevi'sの新作広告をかなり強く批判している。日本でLevi'sのようなビッグブランドを、こんなに強く批判するメディアなどないなぁ...と思い、少し訳してみた。 (以下適当和訳) Levi’sが新しい広告をリリースした。それはワクワクするよう…

Appleを辞めた社員がAppleが如何に素晴らしい会社かを行動で表す

彼の名は"サムスン"(Sam Sung)。アップルストアでこの前まで働いていた青年だ。"アップルでサムスンが働く"という何と皮肉な偶然だろうか。その彼がアップルストアのスタッフシャツ、ネームタグ、そしてその希少価値の高い名刺をセットにしてeBayでチャリテ…

広告業界に急増する「ストーリーテラー」という肩書き

去年・今年とカンヌライオンズで語られまくった"ストーリーテリング"について興味深い記事が"Creative Review"に掲載されていた。 Stefan Sagmeister(Sagmeister & Walsh/パートナー)は最近、クリエーティブ界隈で自らを「ストーリーテラー」と名乗る流行を…

「音楽ホテル」というアイデア

"睡眠特化型ホテル"など、日本でも他のホテルとの違いを生み出すべく、色んな工夫がされているけど"Universal Music"と"MTV Europe"の並びにあるベルリンの"nhow"は欧州初の音楽ホテルと言われており、名曲タイトルに拘っている。ホテル内の場所やツールと曲…

クリエーティブはビジネスにおいて最強のチカラになる

"DDB Group Asia Pacific"が週明けにリリースした"The Idea Catchers”。広告業界史に燦然と輝く30のケースタディを背景に彼らが主張していることは、クリエイティビティの扱いに対する怒りだ。"クリエーターは普段から観察を繰り返し、思考し、注意深くアイ…

メディアコストをコンテンツへシフトし、ビッグブランドと勝負

"Newcastle Brown Ale"は英国生まれのビールだけど、現在では米国を主要市場としており、昨年まではTVを使ってキャンペーンを展開してきた。所が米国にはBudweiserやCoorsといった巨大ナショナルブランドが存在しており、彼らが巨額の広告費を投下することか…

女性ブランドにとってフェミニズム的ストーリーが流行?

競合商品との機能差が小さくなっている今、ブランドは共感を呼ぶ大きな物語を欲している訳ですが、女性ブランドにとってフェミニズム的な物語が注目を集めているというか、軽い渋滞を起こしているというか。 #LikeAGirl(Always/P&G) 大人の女性や少年に"女の…

カンヌライオンズ2014〜カンヌの裏表

昨年に続いてカンヌライオンズ2014に参加できる幸運に恵まれました。参加してみて感じたことを"表テーマ"と"裏テーマ"としてまとめてみます。 表1. データをクリエーティブでストーリーに昇華 昨年も少なからず語られていた"データ"ですが、今年はデータのよ…

カンヌライオンズ2014〜グランプリ以外の気になる作品

カンヌライオンズ各部門のグランプリ作品やグランプリを争った作品を中心に紹介してきましたが、その他にも気になる作品がいくつかありました。 Reunion(Google Search) 1947年、パキスタンがインドから独立し、両国の間では戦争を繰り返してきましたが、独…

カンヌライオンズ2014〜BONOとAppleの関係に本当のソーシャルグッドを見る

カンヌライオンズ2014最終日、Innovation Dayの一環としてBONOがJony Ive(Apple/Designer)と共に登壇した(残念ながら会場には入れず、生中継で見ることになった)。このプログラムはBank of Americaの協力によって実現。今年のスーパーボールで、Bank of Amer…

カンヌライオンズ2014〜Titanium & Integrated部門

Titanium & Integratedはその名の通りTitanium部門とIntegrated部門で構成されており、Titaniumは「最もプレステージ性の高い賞として、刺激的且つ全く新しい次元を切り開く斬新なアイデア」、Integratedは「統合キャンペーンの最先端」を各々評価する。 Tit…

カンヌライオンズ2014〜Film部門

1954年から続くカンヌライオンズ伝統のFilm部門の受賞作品が発表されました。グランプリは2作品。"Sorry I Spent It on Myself"(Harvey Nichols)と"Epic Split"(Volvo Truck)。 Harvey NicholsはPromo & Activation部門、Press部門に次いで3冠。Volvo Truck…

カンヌライオンズ2014〜Film Craft部門 / Branded Content & Entertainment部門

Film Craft部門 / Branded Content & Entertainment部門の受賞作品が発表されました。何と共にグランプリ該当作品無しとなりました。これは1995年以来の出来事で、当時はまだFilm部門とPress/Poster部門の2部門しか無かった時代だ。しかも、Press/Poster部門…

カンヌライオンズ2014〜Innovation部門

2013年からスタートしたInnovation部門の受賞作品が発表されました。Innovation部門は広告業界以外にも、発明者、デザイナー、データサイエンティスト、ソフトウェアエンジニアなどが参加し、最も多様性が進んでいるカテゴリー。昨年受賞した"Cinder"はオー…

カンヌライオンズ2014〜電通: THE AUGMENTED HUMAN

電通のセミナーに参加。クリエーティブとテクノロジーで人をエンパワーする、スポーツにイノベーションを起こす...といった2020年を見据えた日本らしい内容で、冒頭から"広告の話じゃありません""今の広告の枠に収まるつもりはありません"って感じで煽りを入…

カンヌライオンズ2014〜Saatchi & Saatchi's 2014 New Directors' Showcase

昨年、進化生物学者のRichard Dawkinsが出演し、摩訶不思議なオープニング演出が話題をさらった若手映像クリエーターの登竜門"Saatchi & Saatchi's New Directors' Showcase"。今年は見逃すまいと参加してきました。 入口で不思議なリストバンド配布。ナース…

カンヌライオンズ2014〜Design部門

Design部門の受賞作品が発表されました。グランプリは... Bergen International Festival クラシカルでアバンギャルドな音楽祭である"Bergen International Festival"(ノルウェイ)のブランドのシンボルとして、コードの"F"をイメージしたロゴタイプを作成。…

カンヌライオンズ2014〜Press部門 / Radio部門

Press部門の受賞作品が発表されました。グランプリは... Sorry, I Spent It On Myself(Harvey Nichols) Promo & Activation部門に続いての2冠達成です。 豪華なクリスマスプレゼントを購入する場として有名な英国の百貨店"Harvey Nichols"が、家族へのクリス…

カンヌライオンズ2014〜Product Design部門

新設されたProduct Design部門の受賞作品が発表されました。グランプリは... Raw from the Oceans(G-Star Raw) Pharrell Williamsによってキュレーションされた商品ライン。Pharellがクリエイティブディレクターを務めるBionic Yarn(ペットボトルから再…

カンヌライオンズ2014〜Cyber部門

Cyber部門の受賞作品が発表されました。グランプリは何と3つ。 #1.24-hour MV for Pharrell Williams"Happy"(Universal) 史上初24時間という長さの映像にセレブリティやそれ程有名で無い人を含めて300人が数珠つなぎ的に出演し、L.Aの街角で踊りながらひたす…

カンヌライオンズ2014〜Coca-Cola: WINNING IN REALTIME

Coca-ColaのSenior VP"Wendy Clark"によるセミナー"WINNING IN REALTIME"。 大筋をまとめると、刻一刻と動くソーシャルメディアに対して、24時間リアルタイムで動きを監視し、適正な文脈でShare-Worthyなコンテンツを展開し、毎日をCoca-Colaにとって勝負の…

カンヌライオンズ2014〜Google: THE DIGITAL FUTURE

GoogleのCBO"Nikesh Aror"によるセミナー"THE DIGITAL FUTURE"に参加して来ました。 Nikeshによると2つのキーファクターによってイノベーションが飛躍的に向上しているとのこと。その1つはモバイルプラットフォーム(Android, iOS)の確立であり、もう1つは世…

カンヌライオンズ2014〜Mobile部門

Mobile部門の受賞作品が発表されました。グランプリは... Sun Block Ad(NIVEA) 子供を紫外線から守るUVプロテクトクリーム発売に連動し、雑誌"Veja"に付録を展開。Niveaの広告の一部を切り取ると、それが子供用リストバンドになる。このリストバンドはスマー…

カンヌライオンズ2014〜Media部門

Media部門の受賞作品が発表されました。グランプリは... Happy ID(Coca-Cola) ペルーの経済環境は良くなっているにも関わらず、国際調査によると人々は幸福を感じておらず、笑顔が少ない。そこで、Coca-Colaが主導して、人々を笑顔にしようという企画。人々…

カンヌライオンズ2014〜Outdoor部門

5,660エントリーで全部門トップのOutdoor部門の受賞作品が発表されました。グランプリは... GAYTM(ANZ Bank) 2月7日〜3月2日まで開催されたLGBTの祭典"Sydney Gay and Lesbian Mardi Gras"にオーストラリアのANZ銀行が協賛。Gayカルチャーの象徴とも言えるラ…

カンヌライオンズ2014〜スパイク・ジョーンズ降臨

"マルコヴィッチの穴"や"アダプテーション"、最新作"Her"の監督であるスパイク・ジョーンズがカンヌライオンズのステージに登壇した。タイトルは"The Disruptors"(破壊者)。 ストーリーとテクノロジーの相互依存みたいなテーマの筈がいきなり脱線。世界はア…

カンヌライオンズ2014〜Creative Effectiveness部門

Creative Effectiveness部門の受賞作品が発表されました。グランプリは... Guilt Trips(V/Line) V/Line(豪州の鉄道会社)による、過疎地に暮らす両親と遠く離れた都会に暮らすその息子・娘を結びつける企画であり、この企画のポイントは息子・娘に罪の意識を…

カンヌライオンズ2014〜Promo & Activation部門

Promo & Activation部門の受賞作品が発表されました。グランプリは... Harvey Nichols"Sorry, I Spent It On Myself" 豪華なクリスマスプレゼントを購入する場として有名な英国の百貨店"Harvey Nichols"が、家族へのクリスマスプレゼント代金を自分のために…

カンヌライオンズ2014〜Direct部門

Direct部門の受賞作品が発表されました。グランプリは... "Magic Of Flying"(BA) 飛行データと連係し、飛行機が上空を通過するとヒースロー空港付近のビルボードの子供が立ち上がり、飛行機を指さす。同時に飛行機の便名とどこから来たのかが表示される。 受…