読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

酒場で髭のダンディズム

髭を生やしたことがないので、髭の人がドリンクを飲む際に髭が液体に浸ってしまうという問題が存在することを全く知らなかった。そして1800年代から続くこの髭男たちの悩みに終止符を打つのがこのハンドメイドの"Whisker Dam"。これがあれば、どんな豊かな髭…

クリエーティブの会議室にビールが必要になる時代がやって来た

世界の多くの素晴らしいアイデアや発明はビールと共に生まれた(らしい)。Jennifer Wiley教授(イリノイ大)の研究によると人体におけるアルコールレベルが平均0.075%の状態が最もクリエーティブシンキングに適しているとのこと(マリファナでも同じような研究結…

カメラではないカメラ

カメラ型に象られた木製のキーホルダーか、または自分の部屋のドアにかけておく、部屋にいる/いないを表示するカメラ型ボードか...と思いきや、これは立派なカメラのようだ。ハッカー集団"NYC Resistor"のOlivia Barrが開発した"Not-A-Camera"は2Dの見た目と…

小さなOreoの物語

米国のクッキープランド"Oreo"が僅かクウォーターほどのサイズのミニバージョンを送るサービス"Oreo Mini Deliveries"を実施した(8月22日終了)。マイクロサイトで申し込んで、自宅や友人宅に送ることができるこのサービスは、毎日500人限定(先着)となってい…

世界の矛盾に一石を投じるアイデア〜廃棄処分の野菜や果物を販売

スーパーマーケットの調達部門は食材の完全性を求める。よって形の悪い野菜や果物は廃棄処分に回されてしまう。見た目が悪いだけで、中身は遜色無いにも関わらず...。世界を見ると飢餓や栄養不足に苦しむ人がまだまだ多い中、大きな矛盾だ。 そんな矛盾に満…

ボトルキャップがタイマーになって、あなたが水を飲むべきタイミングを教えてくれる

Vittel曰く、水は1日にグラス8杯飲まなければならない。でも、多くの現代人は忙しすぎて水を飲むことを忘れてしまう...。そんな忙しい現代人に"水を飲むこと"をリマインドさせるボトルキャップ"Vittel Refresh Cap"が開発された。 このキャップなら、水を飲…

新しいクラスメイトと打ち解け用Coca-Cola〜2本のボトルを繋げて開ける

大学の新学期ともなると周囲は知らない人ばかり。打ち解ける為には何らかのきっかけが必要だ。そして、そのきっかけに一役買ったのがCoca-Cola。2本のボトルを繋げて捻らないと、ボトルキャップが開かない仕組みのボトルを開発し、大学構内で販売する"Friend…

かぶるだけでアイデアが湧いて出るキャップ

自分が携わっている業界の人は日々アイデアを求めて生きていると言っても過言では無い。そんな人たちにとってこの商品はとてつもなく魅力的だ。この男が深々とかぶっている帽子の名は"Thinking Cap"。かぶればたちまち"a-ha moments"(あっそうだったのか...!…

アダルト・チュッパチャップス(18禁)

チュッパチャップスと言えば子供用の飴というイメージだけど、大人需要を開拓すべく“Chupa Chups 18+ Lollipop”が企画提案されている模様。 チュッパチャップスを女性が口の中で転がす際のエロイメージにインスパイアされた商品で、バリエーションは‘BDSM’‘F…

1ピース欠けた板チョコの意味すること

4×5ピースで構成される1枚の板チョコ。しかし、1ピースが見当たらない。 これはスイスのチョコレートブランド“Milka”が1300万枚製造・出荷した一見不完全な板チョコだ。 Milkaは'Dare to be Tender'(思い切って優しさを表現しよう)をタグラインに掲げるブラ…

歯磨き粉チューブにイノベーションを!

誰もが経験したことがある残り少なくなった歯磨き粉のラミネートチューブを搾り出す苦労。そして、こういう苦労にこそイノベーションの機会が潜んでいる。 Dankook Universityの学生であるSungmin Hong, Yubin Choi, Yun Kim, Mi Jang, Seokgyu Hwangが考案…

商品の物語をつくる

ドイツのDIYチェーン“Hornbach”は半年前、チェコの戦車'BMP-1'の中古を購入した。そして、その戦車は解体され、溶解され、再精製された鉄により7,000本の金槌“THE HORNBACH HAMMER”に生まれ変わった。この金槌はFacebookで先行予約販売される。 「固有の物語…

あなたに微笑みかける缶〜プロダクトは最強の接点

缶のCoca-Colaを飲む度に缶があなたに微笑みかけたなら、こんなに素敵なことは無いだろう...少なくとも“OPen Happiness”を標榜するCoca-Colaにとって最高のシナリオだ。 そして、その最高のシナリオを実現する缶デザインがミラノとローマの街角にOOHとなって…

これぞ、Coca-Cola Magic

Coca-Colaのボトルのラベルを剥がして引っ張るだけで、X'mas Gift Bottleが誕生。 一瞬で商品に魔法のような美しさを纏わせる。これぞ、Coca-Cola Magic。

Coca-Colaの缶を捻ってシェア

「分け合って食べて欲しい、飲んで欲しい」...時々目にするキャンペーン・コンセプトだけど、この企画ほど自然で言葉不要な「分け合う」仕組みは無いかも知れない。 350mlのCoca-Colaをくるっと捻ると缶が真っ二つに。そして2つのミニ缶を友人とシェア。Ogil…

スマートフォンを「ただ置くだけ」のオーディオシステム

iPodやiPhoneをSTEREOに繋ぐドッキングステーションは今や普通だけど、最新形はSTEREOの形をしていない、単なる「台」のようなデバイスにiPhoneを乗せるだけという繋ぎ方。 このデバイスにはPlay・Pause・Radioの3つのポジションがあり、Play・Radioのポジシ…

業界新境地−広告代理店は「病」を治せるのか?

“広告代理店は「病」を治せるのか?”と言うと、患者=企業、病=旧態依然とした体質の企業...的な広告代理店をコンサルに見立てた話になりそうだけど、ここで言う病は世界で3560万人が罹患しているアルツハイマーや痴呆症といった実際の病を指している。 JWT Si…

待ちきれない美味しさ! 〜包装紙ごと食べるハンバーガー

大好物や極度の空腹時など、目の前の食べ物に飛びつきたくなる時はある。そんな誰もが経験する感覚を活かしたプロモーションが登場した。ブラジルのハンバーガーチェーン“Bob's Burgers”が仕掛けた期間限定商品は包装紙ごと食べられるハンバーガー。 「包装…

スマート革命は靴下にまでやって来た!

スマートフォン、スマート家電、スマートハウス...ネットワーク化されることを「スマート」で表現するのが流行だけど、遂に「ソックス(靴下)」に「スマート」を付けた「スマートソックス(正確にはSmarter Socks)」というのが現れた。発売元は1999年以来ソッ…

本格的なビザの自販機が出た

日本でもハンバーガーの自販機を時々目にする。恐らく防腐剤たっぷりのハンバーガーを温めて出しているのでは無いかと思う仕上がりで、そこに満足感のかけらも無い。アメリカで「ピザの自販機が登場」と聞いた時、恐らく日本のハンバーガーのシステムの焼き…

地球上で最もセクシーで無いモノをセクシーにする。

「ホース」...それは地球上で最もセクシーでは無いモノの1つだ。そんな人々の認識を変えるべく立ち上がったのが、ホースブランドのGarden Glory。赤・白・緑・黒・ピンクの5色の鮮やかなカラーのホースを用意し、貴婦人が持つバッグのような装飾品をセット。…

泣き叫ぶ子供を黙らせるには「拉致の手法」に学べ

「ビルの陰で誰かを待ち伏せし、目の前を通った瞬間に襲いかかり、クロロフォルムを染み込ませた布を口と鼻に当て、気絶させる」というシーンはドラマでよくお目にかかる。大抵の場合は悪人の手口だ。 この犯罪的な手法を「泣き叫ぶ子供をおとなしくさせる」…

ライトセイバー発売。もうジェダイを目指すしか無い!

Star Warsファンなら誰もが憧れるジェダイの騎士。その夢を叶えてくれる製品がWicked Lasersから発売された。その名は“Laser Sabers”。“Light Sabers”と命名されない理由は、恐らくルーカスフィルムの許可無く販売しているからだ。しかし、PVは明らかにStar …

黒いミネラルウォーター

ミネラルウォーターの売り込みに「透明感」イメージは欠かせない。しかし、それがコーラのような真黒い水だとそういうわけには行かないし、かなり奇妙な感じがする。 “Black Spring Water”と題されたこの黒い水にはフルボ酸が注入されており、この存在が透明…

自転車乗り専用ジーンズ

最近「自転車乗り」が急増している。ということもあってLevi'sから自転車用ジーンズ“Commuter”がリリースされた。腰のあたりにロックを引っかけることができたり、雨に強かったり、裾の折り返し部分が車のヘッドライトに反射したり...「自転車乗り」をサポー…

自転車がターンテーブルになった!

“TURNTABLE RIDER”とは 自転車を楽器に転換する画期的な拡張デバイス。2つの車輪をジョグホイールに、ハンドブレーキをサウンドパッドに。ミックスもスクラッチも、思いのまま。 DJ BAKUとBMX RIDER KOTAROによって開発されたこのデバイスは自転車シェアリン…

GUCCIの製品を白パッキングしてFIATのパーツを創る

イタリア統一150周年、GUCCI90周年の昨年発売された、FIAT500×GUCCIのコラボモデルのPVをNOWNESSが制作した。ハイヒールやハンドバッグ、パフュームボトル、パンプスが、ステアリングやホイールなどの様々なパーツにトランスフォームされる様子が描かれてい…

世界は確実に「マイノリティレポート」の方向に向かっている

やっぱり世界は「マイノリティレポート化」するようだ。Googleから発表された“Project Glass”はいわば「ARメガネ」で、メガネのレンズを通じて、時刻や天気、ニュース、目的地までの地図情報等を引き出したり、友人にメッセージ送信したり、ビデオチャットし…

ソーシャルメディアを使い捨てにする新サービス

“Social media has never been so disposable.” (ソーシャルメディアは決して使い捨てなんかじゃ無かった)...とはうまいこと言ったもんだ。これは、あなたのTweetをトイレットペーパーにして差し上げるサービス“Shitter”(爆)のタグラインだ。 お値段は35$+…

Nikeが義足アスリートのソールを開発

世界で初めて義足でトライアスロンを完走し、100m,200m,400mの世界記録保持者であるSarah Reinertsenの義足のソールをNikeが開発した。 大きなビジネスになるような開発ではないけど、スポーツ用具メーカーとしての名声を高める取組だ。こうやって新しい領域…

次世代「凧揚げ」〜飛びからデザインへ

Ivan MorisonとHeather PeakがSash ReadingやQueen and Crawfordとコラボして制作した“Three Cubes Colliding”。こういう雰囲気のCGって結構よく見かけるけど、「実物」というのが結構感動的だ。 風に乗って空を飛ぶというのが、新しい「凧揚げ」のよう。昔…

エージェンシーの役割、業務領域は確実に変化している、というのがよくわかった。

もし、あなたがエージェンシーの社員として、クライアントに「新しい電子レンジを発売するんだけど、新しい所は何も無いんだ」と告白されたらどうするだろうか? ほとんどの場合は、ユニークでインパクトのある広告をあらん限りのチカラを振り絞って考えるだ…

この商品を見ればキャンペーンの内容が一目で分かる

デンマーク最大のパンメーカーで、The Danish Cancer Societyが主催する乳癌撲滅イベントのスポンサーである“Kohberg”が、売上の一部を乳癌撲滅基金に寄付すべく発売したパンがこれ。 この商品が全てを語っていて、何の説明も必要無いですね。

エアコンのコントロールパネルがダサいとは気づかなかった

確かにエアコンのコントロールパネルって「ダサい」。考えれば考えるほどダサいけど、それが「ダサい」と全く気づかなかった。しかし、この“Nest”ならお気に入りのインテリアにもハマってくれそうだ。 外出先からスマートフォン経由でコントロールできるとか…

iPadがギターになるぞ!

iPadをギターに変えてしまう“iTar”。現在、Kickskater(プロジェクトファイナンス募集サイト)で出資者を募っている。iPadに腕の汗がついて、つるっと滑って演奏所では無いような...。

あなたの名前入りボトルにテーマソングをつけて差し出されると、そこそこ気持ちいい

ジュースのボトルに自分の名前がプリントされているというのは、ほんの少し気持ちのいいことだし、友人との会話のネタになることだと思う。会話の中に入り込みたいブランドにとっては何とか実現したいけど、「1人1人に...」となると大変だ。ということで編み…

いまさらトロン

The Parker Brothers Custom Choppersが、いまさらながらフルスケールの電動バイク“Tron Lightcycle”を完成させた。最速時速100マイルとのこと。前作よりも精度が高そうですが、完全に旬が過ぎてしまった今頃、何故?という感じです。

今年のハロウィンはDaft Punkで決まり!

1ヶ月後にはハロウィンがやって来るけど、そろそろ「どんな格好しようか?」と米国人が悩み始める時期だ。そんな時にこのヘルメットに出会えば、その瞬間、今年のテーマは“Daft Punk”に決定するだろう。Harrison Krixが4ヶ月の歳月を費やして完成させたこのヘ…

五輪の聖火で焼いた“The Olympic Whopper”って。

ロンドン五輪の聖火をKingが譲り受け、それを世界中のBurger Kingに運んで、聖火で焼いたハンバーガー“The Olympic Whopper”を発売しようという企画なんだけど、残念ながらBurger Kingは五輪スポンサーでは無い。よって、こんな芸当できるわけが無いんだけど…

BTF2でお目見えした未来のシューズが遂に発売

Back to the Futureの主人公“Marty McFly”がBTF2の中で履いていた未来のシューズをNikeが発売するという憶測が飛び交っていたいたが、“The 2011 NIKE MAG”という名でついに発売された。当初噂されていた「自動靴紐調整機能」の採用は見送られているものの、…

もう大きなスキャナなんかいらない

最近、大手エレクトロニクス企業から出てくる製品で胸躍るモノが極めて少ないような気がするけど、この2つはいい感じ。まずは、LGから発売されたScanner Mouse。マウスの底がスキャナの読み取り面になっている極めて実用的な製品。スキャンする文字をテキス…

ノートに描いたイラストを即座にデジタルデータに変換

イラストを描いてスキャンするか、デジタルペンでPC上のキャンバスにイラストを描くのか...スキャンは面倒だし、デジタルペンだと実際のペンの感覚とは異なる(たぶん)。Wacomがリリースした“ Inkling”は、そんな悩みを解決する画期的な商品だ。ノートにセン…

Night RiderのKittがあなたのクルマをナビゲーション

昨年、ダースベーダーやヨーダの音声でカーナビゲーションサービス(有料ダウンロード)を提供したことで話題になったTomTomが、今度は往年の名作ドラマ“Night Rider”の“Kitt”の音声サービスを提供するという。若者には全く刺さりそうにないけど、40-50代男性…

セクシーすぎるドリンク

ロシアのドリンクメーカーのセクシーな缶デザイン。緊張しすぎて飲めそうもないですね。これを発見したら、間違いなく写真撮ってFacebookにアップします。

Daft PunkとCokeが合体

昨年、Mikaとのコラボで話題になった“Club Coke”の2011年版が発表された。今年のパートナーはDaft Punk。Thomas BangalterとGuy-Manuel de Homem-Christoの2人のヘルメットのイメージに合わせたゴールドとシルバーのシンプルなデザインが特徴だ。更に、パリ…

フランス代表、新アウェイユニフォームは「マリンスタイル」

何という斬新なデザイン。ナショナルチームのユニフォームでこういったボーダー柄は初めてではないだろうか。1/18のエントリーでフランス代表のユニフォームがadidasからNikeへと変わったことを紹介したけど、今回発表されたのは、アウェイ用ユニフォーム。1…

インターネットスニーカー

シューズデザイナーのBrass MonkiがNikeのインターネットシリーズとも言えるバスケットボールシューズをデザインした。Chrome, IE, Safari, Firefoxと、ブラウザが充実している他、Google, Twitterもある。去年、adidasがリリースしたTwitterスニーカーとFac…

バカに徹して奇妙なグラスを売りつける

“Das Beer Boot”なるこのグラスでビールを飲む場合、グラスの方向を間違えると「ゲボッ」となってしまう。「男女七人夏物語」(古っ!)で鶴太郎が「ゲボッ」となってみんなの笑い者になるというシーンで一躍有名になったグラスだ。何を隠そう私の実家にもこの…

Levi's この春、260万回分のトイレのフラッシュ、50万回分のシャワーの水使用を削減

地球上の水で、飲める水はわずかに1%、6人に1人しかキレイな飲料水にありつけないという。そして、多くの産業で大量に水を消費するように、ジーンズの製造工程では、1本につき42l、家庭での洗濯では21lの水を消費(発展途上国の人の1日の消費量の4倍以上)する…

ランニングマネジメントはスマートフォンからGPSウォッチへ

ランニングデータを記録するアプリがいくつかリリースされ、スマートフォンを上腕にくくりつけて走る人を見かけるようになったが、何か煩わしそうなイメージがある。そんな問題点に着目したのがNike。カーナビ等を展開するTomTomとのコラボによる“Nike+ Spor…