読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

生活空間をセルフで測定できるダッシュのスピードテスト・トラックに早変わりさせるReebokの企画

f:id:y_sequi:20160311191039j:plain

トレッドミルやトラックを走るのもいいけど、ランニングってもっと生活の一部なんだよ、そしてそのためのシューズがReebok ZPump 2.0だ...というようなことを示唆する企画。ストックホルムの人通りの多いストリートをスピードカメラを設置して、生活空間をセルフで測定できるダッシュのスピードテスト・トラックに早変わりさせ、時速17km(100m21秒なので、そんなに速くないけど、普段着なので難しいかも)をクリアすると、自動的にZPump 2.0の入ったショーケースがアンロックされる。

とてもラディカルなコンセプトです。(ビデオでは)スタッフらしき人がいなくて、勝手にトライアルして、クリアして、ショーケースのカギがあいて、シューズを持って帰る感じが、かなりいいと思った次第です。