Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

下町 の検索結果:

廃線から未来の鉄道の可能性を考える

…ワーを使ってゆったり走る列車"Metronome"で都市の時間や景観を混雑無く楽しんでもらおうという趣向。これが乗り物本来が持つ味わいという訳だ。 これはまだイベントに過ぎないが、今後世界最大の観光都市パリで正式導入されれば、人気になるに違いない。僕の実家の近所(大阪市南部)にも廃線になったJR貨物の線路があるけど、そういうインフラを有効活用すれば、味わい深い大阪の下町を巡る旅のコースができそうだ。前世代の遺産は壊す前に活用法を考えると、意外と良いアイデアが生まれるかもです。

家の隙間に、町の隙間にテトリス

Art

…Life Tetris”。スウェーデンのアーティスト“Michael Johansson”が取り組むこのプロジェクトで使用されるピースは全て廃品だ。 壁の凹みにピタリ。 扉にもピタリ。 建物の空間にピタリ。 壁面にピタリ。白の統一感も気持ち良い。 横浜の下町でのプロジェクト。 これはダイナミック! 例えば梱包材のプチプチを潰す時に異様な快感を感じるように、無駄な隙間が不揃いなオブジェクトで綺麗に埋められていく様は人を快感で満たすのかも知れない。個人的には異様に気持ちよいです。

グラミー賞、EMINEM神話に視聴率を託す

…は最後のチャンスであり、希望であり、糞でもあり。音楽は悪魔を雄弁家に変え、そして、数多くの金持ちモンスターを生み出す。音楽はいじめや怒り、疑惑と戦う、あなた自身のために、子供達のために、世界のために...」 2/13に開催される「第53回グラミー賞」のTVCM。EMINEMとそのアルバム“Recovery”がフューチャーされている。デトロイトの下町からはい上がる彼を描いた“8 Miles”から随分年月が経過したけど、まだ、EMINEMの個人的な神話に頼らなければならないのか。