読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

大統領選・選挙人登録しない人たちに捧げる見た目はDoritos、中身は段ボール製のチップス。

f:id:y_sequi:20160926124606j:plain

Doritos。

スッキリしたパッケージデザインです。封を開けて食べてみたいところですが、開けたらこのざまです。中から出てくるのは、味がない、サクッとした食感もない、チップスの形をした、ただの段ボール紙。

食べようとした瞬間、ぎょっとすることは間違いない。

f:id:y_sequi:20161008135121p:plain

このDoritosは"NO CHOICE"という名称。どういう意味があるのか?

現在、アメリカは大統領選真っ盛りだけど、アメリカには住民基本台帳がないので、投票するためには個々が選挙人登録を行わなければならない。所が、大学生の登録率が著しく低く(2012年は38%)、彼らに登録を促すためにつくられたのが、"NO CHOICE"だ。

f:id:y_sequi:20161008145752j:plain

If you're not registered to vote, you get no choice.

選挙人登録しなければ、自分の未来を選択できない。

登録しなければ、どんな結果になっても知らないし、それほど愚かしいことはない。"NO CHOICE"を手にした人にこう感じてほしい。

Doritosは"Red vs Blue"(共和党 vs 民主党)なるウェブサイトを立ち上げ。選挙登録していない知人に対して"NO CHOICE"を送るプロジェクトを実施している。

また、各地の大学をCOOL RANCH(青)、NACHO CHEES(赤)が並ぶスペシャル無料ベンダーが巡回(この辺りもきめ細かく、赤と青のフレーバーを選んでいる)。まず最初に「選挙人登録したかどうか」を問われ、次いでCOOL RANCH、NACHO CHEESどちらが欲しいかを選択する。もし「NO(未登録)」を選択すると、いずれのフレーバーを選択しても"NO CHOICE"が出てくる。

更に、未登録者がベンダーを通じてメルアドを入力すると、登録プロセスをスタートさせるリターンメールが送られてくる仕組みも導入している。

 
キャンペーンは全て非営利団体「ROCK the VOTE」の協力の元、実施されている。
 
アメリカでは選挙を睨んだキャンペーンが結構行われますが、"NO CHOICE"とはかなり大胆なメッセージだと思う次第です。Doritosらしい粋な展開且つワイワイ騒ぐだけでなく、選挙人登録まで踏み込んで社会貢献になっている所が痺れる。
トランプの出現で一際注目の大きい選挙戦だけに、インパクトはデカいです。
 
(via Contagious