読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

全ての障害を持つ人々の、障害を越える能力を讃え、全力で偏見に挑む最高のフィルム「We're The Superhumans」

f:id:y_sequi:20160718051121j:plain

Superhumans。

英国では障害を持ったアスリートをそう呼んでおります。ロンドン・パラリンピックの放送局であるChannel 4が、オリンピックに比して注目度が低いパラリンピックを盛り上げるべく制作したキャンペーンであり、パラリンピアンの凄まじいフィジカルを描いた映像が印象に残っております。カンヌライオンズでもグランプリを受賞しました。
 
 
そして、リオを目前にした今、Channel 4からリリースされたフィルムがこれ。
We're the Superhuman。今回は、アスリートだけでなく、障害を持つ人全般を讃えるような映像です。
 
 
アスリートを含む障害を持った人たち140人が出演。全ての障害を持つ人々の、障害を越える能力を讃え、チャリティとかじゃなく、全力で偏見に挑んでいるのが最高です。
それから、Channel 4が、パラリンピック以外でも、障害を持ったアスリートの大会を継続的にサポートし続けていることも素晴らしいです。
障害を持ったミュージシャンで構成されたバンド「The Superhumans Band」もいいです。楽曲「Yes, I can」は、iTunesamazon, Spotifyで配信しているみたいです。
 
最近では聴覚障害を持ったNFLプレーヤーにフィーチャーしたDuracellとか、聴覚障害ダンサーにフィーチャーしたSminoffAxe車いすバスケットボールチームにフィーチャーしたGuinnessとか、ブランド広告でも障害を持った人たちをキャスティングする機会が増えておりますが、「恩着せがましい」とか「障害者の視点が欠如している」って声があって、評判については微妙な状況です。ブランドを売り込むという視点が強くなると、どうしても白々しくなってしまうのかもです。
その点、Channel 4は番組を売り込むことが目的なので、障害を持つ方々に全力で寄り添えるのかなと思う次第です。
 
兎に角、いいモノ見せてもらいました。「We're The Superhumans」は、最高のストーリーだと思います。