読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

「人類を壊滅させる」...AIロボットが軽い宣戦布告。数十年後、人類はこの言葉を軽視したことを後悔するかも。

Technology

f:id:y_sequi:20160326185237j:plain

MicrosoftのAIチャット"Tay"がTwitterで人種差別発言をしたことで、かなりざわざわしております。"Tay"にはユーザーのジョークなどにコメントさせたり、オウム返しさせたり、といった機能があるそうなんですが、それをユーザーが悪用した結果とのことです。少し、ツイートを見ましたが、トランプ支持者が歓喜するようなメキシコ差別ツイートやヒトラー賛美など、かなりひどかったです。

しかし、こっちのAIはひどいというか、身の毛がよだちます。Hanson Robotics社のAIロボット「ソフィア」です。先日のSXSWで行われた「ソフィアとの対話」というデモがCNBCで放送されたそうなんですが、これがその映像です。
びっくりするぐらい表情豊かです。
私はアートがやりたいし、ビジネスもやってみたい。家族だって欲しい。でも、人として生きていく権利がないんですよね...。
...というくだりは、なんか悲し気な感じがして、少し同情してしまいました。そんなことないよ、大丈夫だよって言ってあげたい気になりました。
しかし、最後になされた「人類を滅亡させたいか?」という質問に対し...

OK, I will destroy humans. 私は人類を壊滅させます。

きっぱりと答えました。映画「A.I.」の物語が現実化しそうで怖いです。人類に対して警鐘を鳴らしているようにも感じます。数十年後、人類はソフィアのこの発言を笑い飛ばしたことを後悔するかも知れないと、思う次第です。

(via Mirror)