読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

消火器200年の歴史に終止符を打つかもしれない画期的な発明

Technology

f:id:y_sequi:20160309175455j:plain

200年前に発明されて以来、幾多の人の生命を救ってきた消火器ですが、使い方が難しいとか、火に近づかなければならないとか、色々問題もあります。そんな長年の問題を解決すべく発明されたのが、この"Fire Ball"。

f:id:y_sequi:20160314012027j:plain

サッカーボールぐらいの大きさで、重さは1.5kg。これを火元に投げ込むだけで、瞬時に鎮火するという、凄い発明です。ボールを投げるだけの簡単操作で、火に近づく必要もありません。

鎮火の瞬間、ボールが破裂する感じですが、どういう仕組みになっているのかはわかりません。また、このボールは火を検知すると140dB以下の音を発するらしく、「ファイヤーアラーム」としての役割も果たします。キッチンや暖炉など、火を使う部屋には是非置いておきたいものです。「寝ている間に発火して逃げ遅れた...」的な事故は格段に減るのではないかと思います。
このFire Ballを発明したのはドイツのスタートアップ"Elide"。世界中の消火器がこのボールに置き換わりそうな予感がする次第です。感動的な発明です。
(via psfk)