読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

バルーン10万個で入道雲のようなモクモクした雲をつくる

f:id:y_sequi:20151026194555j:plain

19世紀に完成したロンドンの歴史的な商業ビル"Covent Garden"に大小10万個のバルーンがインストールされた。その大きさは横12m×縦54mというからかなり大きい。

f:id:y_sequi:20151026194605j:plain

照明が入ると、陰影がついて、さらにいい。

f:id:y_sequi:20151026194534j:plain

f:id:y_sequi:20151026194617j:plain

ロンドンということでてっきり分厚い雲のメタファーかなと思っていたら、そんな単純なことではないらしいです。このインスタレーションはフランス人アーティスト"Charles Pétillon"による"Invasion"をコンセプトとしたシリーズ企画。言われてみれば、異物が侵略している感じもする。モノの見方を変えて、毎日の暮らしの中で気づいていないことに気づこう...的なメッセージが込められているとか。解釈がむずかしいなぁ。

これが"Invasion"シリーズの有名な作品。こちらの方が断然"Invasion"感あります。

f:id:y_sequi:20151026194753j:plain

ビデオも用意されていて、制作過程や作者のインタビューが納められている。

コンセプトの解釈は別として、中空に浮かぶ雲のようなバルーンがかなり気持ち良いです。都市の中にファンタジーを見たような感じがします。