読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

溺死事故を劇的に減らすかもしれないウェアラブルデバイス

Idea

f:id:y_sequi:20150719235250j:plain

夏になった途端に水難事故、特に「溺死」のニュースを大量に目にしますが、この手首に装着するウェアラブルデバイス"Kingii"は、溺死事故防止の切り札になるかも知れない。

f:id:y_sequi:20150720000612g:plain

IoTとか全然先鋭的なテクノロジーではなく、溺れてヤバい! と感じたら、手元のレバーを引くだけ。それだけであっという間にバルーンが膨らみ、溺死の危機から救ってくれるというシンプルな構造。最大124kgの大人でも大丈夫とのことです。バルーンにはホイッスルがついていて、バルーンが開いた後、助けを呼ぶのに役立つ。また、リストバンドにコンパスが埋め込まれており、仮に漂流しても居場所がわかる。バルーンには48時間の耐久性があるので、少なくとも救助が来るまでは大丈夫だ。カートリッジの交換で再利用も可能となっている。

開発者が身近な人を水難事故で亡くしたことが原点となって発想されたアイデアとのことです。このアイデア、現在Indigogo資金調達を実施しており、目標65,000ドルに対して、既に約500,000ドルの調達に成功している。

この商品の需要は凄まじいのではないかと思います。世界的ヒットになるかもです。