読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

9ドルのコンピュータ登場。どんどん進むIoT

Technology

f:id:y_sequi:20150512165742j:plain

この、SDカードほどの大きさの"C.H.I.P"と名づけられたデバイスは世界初の9ドルコンピュータ。小さなボディながら1GHzプロセッサ+512MB ram+4GB strageとパワフルで、WiFi / Bluetooth接続が可能であり、いかなるスクリーンにも接続可能。

f:id:y_sequi:20150512160259j:plain

LibreOfficeに対応し、シリアスな業務も可能。

f:id:y_sequi:20150512160449j:plain

Chromiumブラウザを使ってネットサーフィンやemail、ビデオ視聴も可能であり、MIDIキーボードに繋がり、Bluetoothコントローラでゲームもでき、また1000種以上のAppがプレインストールされている。

f:id:y_sequi:20150512160809j:plain

 専用のポータブルデバイスも用意されており、本体込みで49ドルで販売されている。

f:id:y_sequi:20150512160832j:plain

開発したのは"Next Thing Co"で、現在、Kickstarterで50,000ドルを目標にキャンペーン実施中だけど、25日を残して既に目標の18倍以上910,000ドル達成と大注目状態だ。

Raspberry Piが35ドルだったので、その約1/4の安さ。Iotの進化が加速しそうです。