読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

北米に誕生! 世界初VRテーマパーク

f:id:y_sequi:20150511131803j:plain

ゲーム系スタートアップの"VOID"が、革命的なゲーム体験を提供するVRゲームに特化した世界初のテーマパーク"The VOID"を2016年にユタ州ソルトレイクシティにオープンする。ユーザーは"Rapture"と呼ばれるVRヘッドセット、指先の動きを認識するグローブ、相手の攻撃などの振動を感じるベストを装着。広さ330㎡の会場はストーリーに合わせて10室に区切られており、ヘッドセット越しに映る仮想世界を実際に歩いたり、物体に触れたり、敵の攻撃を受けたりしながら重火器を使ってドラゴンを退治するというストーリーだ。

"Rapture"には有機ELの湾曲ディスプレイが使用されており、視野角160度を確保すると共に、THXの3Dサウンドシステムが内蔵されている。

ビデオによると、ヘッドセット越しの世界と実際の空間を交互に見せているけど、これだと従来のテーマパークで負担となっていた設備投資がかなり軽減され、映像を差し替えるだけで新アトラクション完成、となるのではないか。実際の空間は330㎡ということだけど、ヘッドセットを通すとその何倍もの広さに感じるわけで、都心の限定的なスペースでもビジネスできそうです。

"The VOID"は、ソルトレイクシティでうまく行けば、その後、北米主要都市や欧州、アジアへと展開する構想みたいです。