読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

2013年は無声雑誌の終焉〜雑誌は「聴く」時代へ

雑誌の表紙の所定の位置にスマートフォンを配置すると音楽が再生される...Billboard Brazilにはこんな最先端の仕掛けが組み込まれている。 驚くべきはApps,Bluetooth Connect, AR/QRのスキャンなど面倒な操作が一切不要であり、所定の位置にスマートフォンを…

雑誌のおまけに刃物

今や雑誌の販促に「おまけ」は欠かせない存在になっているけど、ポーチやバッグがほとんどで、まさか「キッチンナイフ」のような刃物を「おまけ」にすること等、どちらの編集部も思いついてもやらないだろうと思う。しかし、イタリアで100万部発行しいる週刊…

いたずら専門プロダクション

NYCに「いたずら専門」のプロダクション“Trusto Corp”というのが存在するそうなんだけど、その最近の仕事がこれ。「ペイリンのセックステープ・スキャンダル」とか「トランプが妊娠?」とか「リンジーが27才の若さで死んだ」とか、NYCのキヨスクスタンドに“Pe…

聴く雑誌

“Skol Sensation Wicked Wonderland”なるサンパウロで開催されるメガパーティの一風変わった告知。雑誌“Play Boy”の「綴じ」部分にイヤホンを突っ込むとミステリアスな囁きが聴こえる仕掛けになっている。 以前ならこういう「音モノ」をしようと思うと「CD同…

iPad広告の最新形

iPad時代の雑誌広告はどうなるのか? ドイツの“Spiegel”がこの度リリースしたiPad版“Spiegel”で、そのあり方を示唆するような雑誌広告を展開している。New Yorker, Direct Line,Bacardi(上から),3つの例は共にこれまであった静的なものではなく、読者を楽しま…

iPad対応モーションマガジン

数週間後に控えたiPad発売を睨み、“VIV Magazine”が「モーションマガジン」のデモ版を公開なさっている。しかも、過去に何度かお目見えした「モック」ではなく、「ガチ」での撮影・編集。但し、デモ版ということでかなりアンリアリスティックなつくりになっ…

“Love Magazine”の賭け?

ここのところ「廃刊」の話しか聞くことのない雑誌業界であるが“Love Magazine”が1人気を吐いている。 2/8にリリースした最新号で、世界で最も美しいとされるスーパーモデルのトップ8(Kate Moss, Naomi Campbell, Amber Valletta, Lara Stone, Natalia Vodian…

雑誌の未来

アマゾンの“Kindle”かバーンズ&ノーブルの“nook”か、はたまたまだ見ぬアップルのタブレットか...どんなデバイスに対応していくのかは解らないが、雑誌の近未来は紙からデジタルへの移行のようだ。 米国の有名スポーツ誌“Sports Illustrated”によるタブレット…