読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

歪な形の土地を歪なままサッカーフィールドにすると、子供たちはそれはそれで普通のサッカーにはない新たな楽しみを発明する

クーロントゥーイ(タイ)にあるバラック小屋が密集するスラムっぽいエリア。その隙間に荒れ果て、ゴミが散乱する幾つかの歪な形をした空き地がある。この空き地を見て、コミュニティのために「サッカーフィールド」をつくるに至ったのは、かなり柔軟な考え…

荒れ果てたセカンドライフで、ひっそりと続くアート活動「1920s Berlin Project」

セカンドライフ。2007年頃、一世を風靡した仮想世界です。アバターつくって、ガイドを参考に「重ッ!」とか呟きながら、名所をうろうろした人も多いのではないかと思います。不動産投資が活発化し、バブルのようなこともおこりました。電通もかなり投資し、多…

何年経っても良いモノは良いです。ガーディアン「三匹の子豚」のストーリーテリングに唸る

カンヌライオンズが"Thank You Creativity"というプロジェクトをスタートしております。アド領域から足場を拡げ、クリエイティビティ全体を包み込むフェスティバルへ昇華しようとの目論みから、そのポテンシャルを世の中に主張しようというわけです。 そんな…

スウェーデンが国のオフィシャル電話番号を開設。その番号は+46-771-793-336。誰でもかけることができて、スウェーデンの誰かとワイワイしゃべったり、寂しさを紛らわしたりできるよ。

スウェーデン。とても透明性が高くて、政府が国民を信じているいい国です。2012年にスウェーデンは観光キャンペーンの一環として"Curators of Sweden"を立ち上げました。これは、スウェーデンのオフィシャルTwitterアカウント(@sweden)を開設し、週替わり…

カナダの小学校の校庭にベンチを置いて、ちょっとしたルールをつくるだけで、「いじめ」問題がかなり改善されたという話

当事者でなくても「いじめ」のニュースにはいつも気が重くなります。ほとんど出口のない問題のような気がしていますが、カナダのサスカトゥーンにあるWillowgrove Schoolでは、校庭に1つのベンチを設置するだけで、状況がかなり改善しているそうです。 この…

YouTube検索ワードに連動したFriendsの広告がプレロールに表示

相変わらずYouTubeのプレロールは嫌いです。たぶん、世界で一番嫌われている広告枠と言っても言い過ぎではないと思います。その嫌われ枠であるプレロールを使って特定の層を炙り出す企画をNetflixが仕掛けております。 12年前に放送が終了した大人気シットコ…

SXSW インタラクティブ・イノベーション・アウォード(2/2)

デジタルの可能性を拡張し、次のクリエイティブ・トレンドを引き起こすプロジェクト・人物を表彰する"SXSW Interactive Innovation Awards"。Part2です。 ※SXSW インタラクティブ・イノベーション・アウォード(2/2) 7) RESPONSIVE DESIGN: Breakthrough by…

SXSW インタラクティブ・イノベーション・アウォード(1/2)

SXSW Interactiveが終了してから早2週間。すっかり"Interactive Innovation Awards 2016"のこと忘れていました。遅ればせながら簡単に結果発表いたします。昨年は14あったカテゴリーが今年は13へとシェイプし、急上昇中の"VR & AR"が加わるなど、若干カテゴ…

古くてダサいメディアに一見ダサいビジュアルを掲出しながらも、見る人が見れば実は...みたいなSnapchatの広告。このやり方自体がイケてる

日本でも少しずつユーザーが増えているSnapchatが全米各都市・エリアでビルボードを展開しています。Snapchatみたいなイケてる企業がオールドウェイなメディアを使うなんてなんか変な感じがします。しかも、地名を表示するだけの一見すごい平凡な広告です。 …

SXSWで大量に受け取るスパムノベルティを価値ある何かに交換してくれるサービス

展示会に行くと、ほぼ全てのブースでノベルティをもらうんだけど、嬉しいノベルティはほとんどなく、洪水のごとくスパムノベルティを受け取って、家路につくというガッカリ体験をしたことある人はかなり多いと思います。あの天下の"SXSW"でもそれは同じで、…

みんなが喜んで撮りまくっているロナウドは実は広告という

クリスティアーノ・ロナウドが友人と街場のカフェに現れ、ティーを飲む。すると、次から次へと人が寄ってきて、写真をせがむ。しかし、ロナウドは機嫌良く写真に応じる。"TEA vs PHOTO"と銘打たれてこの企画は、表面的にはロナウドがティーを口にする頻度と…

ロンドンの空を10羽の鳩がパトロール

今、ロンドンに行けば、鉛色の空を黒いバックパックを背負った10羽の鳩が飛び回っているのが発見できるかも知れません。彼らが背負っているのは小型の大気汚染測定装置。汚染の原因である空気中の二酸化窒素、オゾン、ガスなど有害物質の量を測定し、Twitter…

生活空間をセルフで測定できるダッシュのスピードテスト・トラックに早変わりさせるReebokの企画

トレッドミルやトラックを走るのもいいけど、ランニングってもっと生活の一部なんだよ、そしてそのためのシューズがReebok ZPump 2.0だ...というようなことを示唆する企画。ストックホルムの人通りの多いストリートをスピードカメラを設置して、生活空間をセ…

完璧なゲイデザインの銀行

LGBT支持を強く表明する企業は、日本ではあまり見られませんが、欧米諸国では、多様性尊重という社会的意義に加えて、その市場への影響力という2つの意味で、かなりの企業がLGBT支持を強く表明しております。 そんな企業の1つであるANZ(オーストラリア・ニ…

ドローンレース・ツアー、はじまる

22日、"Drone Racing League"というドローンレースがスタートしました。初戦マイアミを皮切りに、LEVEL1~5まで年間5戦を転戦し、最後にワールドチャンピオン決定戦が開催され、世界チャンプを決定するドローンレースです。 Miami Lights"と命名されたLEVEL1…

スポーツチームが投稿するソーシャルメディア・コンテンツへのスポンサード

現在、NBAイースタンカンファレンス7位に位置する「シカゴ・ブルズ」が、BMO Harris Bankと、「スポンサードコンテンツ」契約を締結。6秒ストップモーション映像をつくってVineに投稿し、さらにFacebookやInstagramにも展開しているそうなんですが、これが中…

Targetが240秒ワンテイクのライブCMをグラミー賞でオンエア

スーパーボールの翌週はグラミー賞、月末はアカデミー賞と、アメリカでビッグイベントが続きます。そのグラミー賞はテイラー・スウィフトのスピーチがとても話題になっておりますが、広告でも驚くような長尺CMの仕掛けがありました。 長尺CMって、イメージで…

コカインにまみれた5ユーロ紙幣をハック

かつて、米ドル紙幣の90%にはコカインの痕跡が残っている「汚染紙幣」であるという話を聞いたことがありますが、調査によると、これはユーロ紙幣も同じで、50%が「汚染紙幣」らしいです。 このファクトに目をつけたのが、世界一の麻薬王を描いたドラマ"NARCO…

グローバルブランドのようなローカルブランドのようなOUR / VODKA

OUR / VODKAというウォッカブランドがあるんだけど、このブランドは"OUR / VODKA by OUR / LONDON" "by OUR / BERLIN"など、メガシティの名前を添えて、各都市で展開している。 これは"Absolut"の製造元である"Pernod Ricard"の特命チームが企画したブランド…

森の中に佇む大きな石の近くで焚火をたくとWi-Fiにつながる

森の中にポツンと佇む大きな石。重さは約1.5トン。歩き疲れた時に椅子替わりにするぐらいしか利用方法を思いつかない、一見普通の石だ。恐らく、近くを通り過ぎても、振り向くこともないと思う。 しかし、この"Keepalive"(生き延びる)と呼ばれる石には熱発…

ソーシャルメディアで話題になる内容・時間帯を予測して、投稿コンテンツを用意する

スーパーボールは、CMも楽しみだけど、500万ドルという大金を投資できないブランドがアンブッシュにチャレンジするのも見逃せないです(あんまり褒められたことではないですが)。 スーパーボールでは、事前にCMのオンエア順が発表されること、最近ではその…

ARでボルダリングの新境地を開拓

ボルダリング。自分の人生で全く出会っていないスポーツの1つで、ただひたすら辛いイメージしかないですが、ARと組み合わせることで、スーパーマリオのような魅力が加わるとのことです。 この写真のように、そびえ立つウォールの数カ所のポイントがプロジェ…

NYCに現れたOreoの驚きの貯蔵庫

毎日通る道沿いにある普通の建物が、ある日突然、Oreoの貯蔵庫になっている。しかも、スタッフの人たちが、あちこちから監視する仰々しいイベントブースとかではなくて、一瞬気づかず通り過ぎてしまいそうな、日常の中にこっそり現れた感じで。 今、NYCの18…

Coca-Colaに試練。新タグラインのキックオフキャンペーンがネット民のオモチャにされる

1年前、スーパーボール直後、ネガティブツイートに#Make It Happyを添えて投稿すると幸せ感満載のアスキーアーに自動変換してリプライするキャンペーンを実施した所、ゴシップメディアのGawker.comに悪用されて(参考: ネットの邪悪をハッピーに変えるキャ…

Netflix and Chill 今夜、あの娘とキメる部屋

"Netflix and Chill Airbnb Room"というプロジェクトがNYCでスタートしました。ネットフリックス仕様の部屋をAirbnbで宿泊予約する...一見、普通のプロジェクトだけど、実際はオモシロイ意味が込められています。仕掛けたのはART404とTom Galeです。 このART…

わざわざビルボードサイズで広告する意味

プロ向けのペイントツール・ブランド"Purdy"のブラシ"XLシリーズ"のプロモーションです。"XLシリーズ"は汎用性の高いブラシで、木でもガラスでもレンガでも何でもスムーズに塗れる所がセールスポイント。この特徴を見せようと思うと、デモンストレーションす…

Old Spiceを通じて、未来の自分に問いかけると、未来の自分のツイッターアカウントからメッセージが届く

Old Spiceって、ソーシャルメディアを使ったリアルタイムイベントの先駆者的なイメージ(例えば、Old Spice Responseとか)がありますが、スーパーボールに向けてTwitterで新たな展開が実施された。 1月28日の早朝にポストされた以下のツイートでスタート。 …

最新ダイエットプログラム。太っている人しか参加できないサッカーリーグ

フィットネスクラブに行くと目につくのは、バリバリとトレーニングしているシェイプされた人と、これから痩せようと頑張っている少し太っている人で、本当にエクササイズが必要な、肥満体型の人は見かけない。しかし、実はそんな人は、エクササイズが嫌なわ…

ドミノピザ、今度はSnapchatとピザ・オーダーを結びつける

LINEスタンプ送って、みずほ銀行の残高照会したり、LINEでクロネコヤマトの宅配便の配達時間確認したり、荷物の受取時間や場所を変更したり...ソーシャルメディアをサービスのプラットフォームしようという動きが続々と現れつつある今日この頃ですが、Domino…

クリエーターとは何もない所から新しい何かを生み出す人種である

クリエーターとは、何もない所から、アイデアをひねり出す...そんな能力を持った人である、と信じるCanonが、その信念を証明するプロジェクト"BLANK"を実施した。 "Creativity needs nothing but you. To prove this we invited 6 photographers to a studio…

ライバルのお堅い業績報告テレビ会議をゲーム化

大差をつけられているライバルに何とか対抗しよう知恵を絞っても、あまりにも差がありすぎて、やぶれかぶれ的なアイデアしか思いつかない、ということはあるんじゃないかと思います。 アメリカのモバイル通信市場で、VerizonとAT&Tの2強から遠く離れた4位の…

Spotifyでポートフォリオを作成するクリエーター

クリエーターならば、そのポートフォリオの見せ方もクリエーティブでなくてはならないみたいです。大変です。クリエーターでなくて良かったです。 スウェーデンのアートディレクターであるChristian Söderholmは、Spotifyのアカウントページを使って、オーデ…

ベルギーに電話をかけろ!

昨年末のパリでのテロ事件によって、欧州訪問のキャンセルが相次いでおりますが、テロリストの拠点がベルギーであったということもあり、ベルギーはかなりの影響を受けております。 しかし、実際は報道ほど酷くなく、人々は平穏無事に暮らしていて、旅行した…

24時間ではかなくも消えてしまうレストランイベント「DINNER LAB」

今、アメリカで"Dinner Lab"という「24時間限定レストランビジネス」が話題になっている。Dinner LabはNYC, シカゴ, L.Aなど、全米31都市で開催されており、各地で24時間以内に腕利きのシェフが次々にやってきて料理をふるまう。 参加するためには会員になる…

銀河系保険会社がスターウォーズの乗り物の保険料見積もり

フォースとともにあらん人がスターウォーズの戦闘機を購入する場合、保険が必要だってことで、保険料金を始め、色々な価格の比較サイト"Compare The Market"が、スターウォーズに登場する様々な乗り物の保険価格見積り比較サイトを公開しています。 スターウ…

今時ポッドキャスト~身一つで戦う生粋のクリエーター

10数年前ならともかく、今や、ブランドを売り込むためにポッドキャストを選択する企業ってあまりないのではないかと思うけど、GEはかなり積極的に取り組んでいる感じです。 10月にリリースを開始した"The Message"は、70年前に宇宙から届いた架空のメッセー…

Dieselの不思議で新しい言語

Dieselって、そもそも不遜なイメージが強いけど、それを土台にした、不思議で新しいブランドの言語を開発している。 "魅力的なモデルたちが屋上にいて、何もしていない""金を稼ぐための撮影""俺たちはクールだ"とか、全く伝える必要のない、単なる描写などを…

WhatsAppをハック!

デリーの人気バー"Cafe TC"が世界最大のメッセンジャーAppである"WhatsApp"をハックして、超ローコストのプロモーションを実現した話。予算がない方が得てして画期的な方法を発明するってことがあるけど、このケースは、まさしくその典型だと思います。 そも…

シネマグラフをTVCMへ

ミレニアル世代にとっては15秒なんて長すぎる、ショートクリップだよ! って話になれば、Vineサイズの6秒CMをテレビに流せないか交渉したり(結局は5秒に落ち着いた)、Vine×5本で30秒にしてテレビでオンエアしたり、アメリカのメディアやエージェンシーはソー…

冬の到来の象徴、落ち葉がサンシャインリゾートへ誘う

まだ暖かく、木々も緑色の9月のストックホルムで、緑の葉に刻印していく。しかし、その段階では何を刻印してのかはわからない。そして、肌寒くなり、葉の色も緑から黄色になり、落ち葉となる11月。その葉には、「カンクーンは今、28度」「フロリダは夏真っ盛…

このソックスを履けば安心してネットフリックスの「一気見」ができる

ユーザーから「ネットフリックスを楽しむためのアイデアを募り、具現化する"Netflix Makeit"。ボタンをプッシュするだけで、部屋の照明がネットフリックス視聴モードになり、ネットフリックスがオンになり、ピザを注文し...など、一瞬でネットフリックスの視…

ビッグデータを使ってベストなシャッターチャンスを教えてくれるビルボード

インスタグラムに生命をかけている人は、いつだって最高の写真を撮りたいと思っているし、そのチャンスは突然やっ来るので、逃す可能性が高い。しかし、今、NYCにいるなら、Canonがあなたの撮影をパーフェクトに手助けをしてくれる。 マンハッタンのフォトス…

光って音が出る現代版シーソー

子供の頃、夢中になったシーソー。それが公園ではなく、都会の真ん中に30機も並んで現れたら、どんな大人だって、わーってなって、またがってしまうに違いない。しかも、それらはLED内臓で光り輝き、単体で動かすと音が鳴って、30機のシーソーの音が複雑に絡…

渋めのサンタが大人気

サンタクロースって、リッチな白髪・髭のおじいさんで、ずんぐりむっくりで、ふっくらと太っていて、赤と白のお馴染みの衣装を着て...というのが世界中の定番だけど、トロントの"Yorkdale Shopping Center"には、そのイメージとは全く異なるサンタがいる。Fa…

広告界の革新派を炙り出す方法

今、広告業界が、古い業界を守っていきたい保守派と新しい世界を切り拓きたい革新派の2つに分かれていたとして、革新派のアドマンを見つけ出し、あなたの会社にリクルートしたいと思うならば、この方法は有効かも知れない。 ベルギーのエージェンシーである"…

街の喧騒が聴けるインタラクティブビルボード

大抵の人はスマートフォンと共にイヤホン(あるいはヘッドホン)を持ち歩いている、ということは、気づきそうで気づきずらいことだと思う。"The Sound of City"と題されたパリ・ブリュッセル・アムステルダムに設置されたビルボードマップには、各々1,000箇所…

Bow Bottleは広告の究極的なカタチ

Coca-Colaのボトルのラベルをめくってひっぱるだけで、ボトルがリボンでデコレーションされ、プレゼント用のCoca-Colaになる、ホリデイシーズン恒例の企画、"Bow Bottle"が今年はUKで投入されるようです。 ユーザーの投稿ビデオを見ると、仕組みがよくわかり…

ストリートブランドのルックブックはストリートビューを使え!

ストリートファッションのブランドなら、ルックブックもGoogle Street Viewを使え!ってことでOneMethなるブランドが秋冬物のルックブックをStreet Viewで展開しております。このブランドはトロントのデザインオフィス"One Method"によって立ち上げられたブラ…

飲めないカンパリをどうやって飲むか?

普通では飲めない状態にあるCampariをどうやって飲むか? インテリジェンスとユーモアを織り交ぜながら、問題を解決する。3パターンあって、どれも知的で驚きがあって、セクシーでシャレてる。 人を魅了するって、こういうことだよなぁ、と、いたく感動した次…

これを見ると、ネットフリックスによってドラマの見方が劇的に変わったことがよくわかる。

椅子に縛り付けられ、拷問される男・ボビー。その男の頭からマフィアのボス風の男が蜂蜜をぶっかけ、蜂蜜まみれにする。ボビーの後ろには腹を空かせたネズミがうようよしている。そこで、ボビーを押し倒すか、助けるか、視聴者に選択が委ねられる。よくある“…