Campaign_Otaku

Campaign, more than anything

Guerrilla

ロンドンに迷い込んだシロクマ

ロンドン中心部の地下鉄やテムズ川周辺を体長2.5mのシロクマが闊歩し、道行く人たちに驚きと安らぎを提供した。しかし、このシロクマは北極圏から漂流した訳ではない。ハリウッドの職人たちが6週間の月日と8.4平米の毛皮を含む30種類のマテリアルを駆使して…

鏡の向こうに道化師になったあなたがいる

トイレの洗面所の鏡越しに顔認識し、鏡に映るあなたを道化師に変身させるPepsi Maxのハロウィン企画。合成の精度が高く、道化師姿も違和感が無い。ホッとするトイレ後だけにこれはかなり驚くだろうな。 1週間で100万視聴弱。この手の実験企画って結構視聴数…

喋る水

Coca-Colaを筆頭に清涼飲料水が肥満の大きな要因であると考えられている米国。人々にもっと水を飲んで貰うべく非営利団体"Partnership for a Healthier America"が仕掛けたのが"Drink Up Fountain"。 一見、公園にある普通のウォータークーラーだけど、人々…

下衆の極み過ぎて...絶句。

不特定多数の人が利用する地下鉄の駅のホームの床は汚さの極致だ。そんな場所で、1人の男がおもむろに床の一部を掃除機でクリーニングし始める。そして、掃除した床に食べ物をぶちまけ、そこがまるでレストランかのように、ナプキンをしてフォークで食べる。…

アイスバケツチャレンジを利用した下品なプロモーションが登場

タイムラインを"Ice Bucket Challenge"で占領され、その映像がゲイツやザッカーバーグなど当初のセレブによるチャレンジから徐々に普通の人々へと移行しつつある今日この頃、不謹慎極まり無い企画が放り込まれた。 Samsung Galaxy5Sがその防水性能を活かして…

黒づくめのレストラン

真黒な外観のレストラン。前に停まっている車も真黒。そして、店内は真暗で、ガラスも黒い。恐る恐る店内に入るとそれは"ダイアログ・イン・ザ・ダーク"の世界で、ナイトビジョンゴーグルを装着した店員がアテンドしてくれる。この不気味なレストランの名は"…

メッシがバルセロナの街中をドリブル!

フットサルに興じるプレーヤーの背後に現れたプロジェクションのメッシ。そのメッシがそのままバルセロナの街中をドリブルする。メッシモデルのスパイク"adizero f50"のプロモーションとメッシのバルセロナ帰還のセレブレーションとして実施されたようだ。 …

鏡を使ってMeの物語を映し出す

鏡の前に立って笑うとSelfieしてくれるというシンプルなアイデア。Doveは"Real Beauty"を標榜しており、過剰な化粧や装飾ではなく、あなた本来が持っている美しさを引き出すということを常々主張しているので、よくある困ったときの"笑顔頼み"みたいな企画と…

蛇口を捻ればクラッシック

コンサートの休憩時間、トイレに入って洗面所の蛇口を捻ると音が出る。幾つかある蛇口全てが同じ音ではなく、それぞれ異なる楽器音が割り当てられており、同時に蛇口を捻ると1つの曲になる。トイレ利用者は必要の有無は別として、蛇口を開けっ放して音楽を楽…

Banksyを利用してシューズを売り込む皮肉

Banksyがここまで有名になると、それを利用しようとする人間が現れる。彼の路上作品を壁ごと盗んで美術商に売り飛ばすのもそうだし、このFILA"Occupy Banksy!"もそうだ。 FILAのシューズを半分にカットして、数多あるBanksyの作品の登場人物に履かせれば、み…

酔い潰れた都会の大人たちをメディア化

激務の後の酒はうまい。ぐいぐい飲んでしまう。そして人々は力尽き、道端で眠る。こんなよくある都会の悲哀に満ちた光景をメディア化するという発想"The Sleeping Drunks Billboard"。酔い潰れた大人の傍らには"お酒は程々に"という優しい言葉と、#nomisugi…

ロンドンの、そのバス停に行くと信じ難い事件が起こる

正直、ドッキリ的手法で驚かせて広告するというのは個人的に好みではないけど、このPepsi Maxによるロンドンでの仕掛けはちょっと面白いと思った。 3方が透明ガラスで覆われたオーソドックスなバス停。その一方にARで非現実的な世界を描く。例えば、隕石が落…

チョーク一本と路面環境を利用してホームレスの窮状を訴える

年末〜春までの寒さが酷くなる時期になると、北半球の西洋諸国では「ホームレス救済」を呼びかける広告が乱舞する訳ですが、このNYCで展開された非営利団体"Crossroads Community Services"による広告もその1つ。 "EATING ON THE STREET ISN'T PRETTY"(スト…

「トロイの木馬」の如く、ライバル会社を出し抜いて自社の宣伝をするDHL

世界中に物流ネットワークを持ち、ライバル会社よりも速く目的地まで運ぶことが出来ると自負する"DHL"が、その自信を費用をかけないで宣伝すべく考案した企画"Trojan Mailing"。敵を欺き勝利を勝ち取った戦術'トロイの木馬'にちなんだその名の通り、ライバル…

地下鉄でシャネルのバッグを食べる女

季節外れのノースリーブでシャネルのバッグを片手にNYCの地下鉄に乗り込むブロンドの女。これだけでも十分引けるが、この後更に、ドン引きさせる行動に出る。 手に持っていたシャネルのバッグをムシャムシャと食べ始め、最終的には隣の男にも食べるように強…

目に見えないランプでスケボーを楽しみ、警察を欺く

これ、一見何でも無い街の風景写真だけど、この中にスケートボーダーにとっての重要なアイテムが隠されている。 ストリートでスケートボードに没頭する姿は時々目にするけど、マドリッドでは「危険」「通行人に迷惑」と見なされ、駆逐される傾向にあるらしい…

子供の日は大人が子供の気持ちを思い出す日

世界的には11月20日が子供の日。子供の日に'大人が子供の時の気持ちを忘れない日'という意味があるのかどうか知らないけど、ペルーのMcDonald'sは、そんな意味合いのファニーな企画を展開した。 それもちょっとしたアイデアで、カウンターを高くするだけ。オ…

クリスマスウィッシュを叶えるエアライン

WestJet(カナダのLCC)の搭乗口に設置されたデジタルサイネージに乗客がボーディングパスを翳し、サイネージの向こう側のサンタさんと会話。'クリスマスに何が欲しい?'とのサンタの問いかけに、タブレットやテレビなど好き放題回答する乗客たち。 そして、彼…

IKEAの店舗を無断でショールーム代わりにして店員を混乱に陥れる

IKEAは生活空間におけるアイテムを見せる絶好の場所だ。ただ1つの問題はIKEAは自社製品しか置いてくれないこと。ならば勝手に置いてしまえ!と行動に移したのが、米国のデザインスタジオ'Upwell'。 彼らが開発した“Walhub”は電気のスウィッチとハガキ置きや鍵…

広告する為なら人をギョッとさせることも辞さず...という風潮について

広告はアテンションが重要である。そのアテンションを獲得する為に最近、度の過ぎたドラマ性を追求したドッキリビデオが横行し、視聴数を獲得している。そんな風潮に対してトロントのエージェンシー“John St.”が警鐘を鳴らしている。 まずは、彼らが実験的に…

道をキレイにする落書き!?

Eminemのニューアルバム“Marshall Mathers LP2”のスウェーデンでのプロモーション。ステンシルで道に落書きするのではなく、高圧洗浄機使って道をキレイにしているから全くの合法。 道が既に汚れていることを逆手にとった素晴らしいアイデアだ。

テレキネシスを使う女

NYCのコーヒーショップ。PCで作業中の女子の珈琲をひっくり返してしまった男を、怒った女子が'テレキネシス'(STAR WARSでいうフォース)を使って壁際に持ち上げ、床にたたきつけ、テーブルを全て動かし、書棚の本が飛び出させ...というドッキリ。 主人公がテ…

地下から潜水艦浮上...そろそろ驚くことに疲れ始めました。

Milanoの路面を突き破って地下世界から現れた潜水艦“#L1F3”。事故に巻き込まれ乗り上げられた小型車、次々とやってくる救急車、レスキュー隊員の数々...。 当然のことながら真っ赤な嘘の訳で、仕掛けたのは保険会社のEurop Assistance。“Protect Your Life”(…

水上をパレードするように走るFIAT

日曜午後の'Chicago River'。‘500L’‘500 Cabrio’‘500 Abarth’等、間もなく発売予定の4台のFIATが2艘の船を従えて水上パレード。 目撃ビデオが幾つかアップされている。 FIATがAmalfiからNYCへと海上を旅するTVCMを意識した仕掛けのようだ。 是非出会いたい。…

恐竜海岸に漂流した巨大龍の頭蓋骨

英国のJurassic Coastに漂流した12.19mの巨大なドラゴンの頭部の化石。場所が場所だけにミステリーな感じだけど、これはHBOの人気ドラマ“Game of Thrones”のプロモーションだ。 今の時代にこの手のフェイクがどこまで話題になるのかわかりませんが、化石のク…

全身脱毛WAXクーポン男

全身にレシートのような紙を貼り付けた男がトロントの街角に現れた。その紙には'Pull'と描かれている。道行く人達は'Pull'の指示に従いその紙を剥がし始める。 すると男は痛そうな表情をする。それもその筈、その紙は脱毛WAX“Fuzz Wax Bar”で男の身体に貼り…

予定していた旅をキャンセルし、予定外の旅に連れて行ってくれるルーレット

JFK空港のTerminal 8には"Heineken Departure Roulette"なるルーレットが週に2日間設置されている。 例えばあなたが東京へ旅する為にJFK空港に訪れ、このルーレットのボタンを押した場合、かなりの確率であなたの東京行きチケットはゴミ箱行きになる。つまり…

カナダ人だけがオープンできる欧州に設置された冷蔵庫

海外を旅するのは楽しい反面、不安もある。現地の人と接したいけどきっかけを掴むのは簡単では無い。そういった旅人意識に目を向けたのが“Molson Canadian”なるカナダのビアブランドだ。 Canterbury, White Cliff of Dover, London, Northern France, Cassel…

PEPSI MAX 軽さの象徴...空中浮遊男

PEPSI MAX=ノンシュガー=軽い=空中浮遊。これは写真撮らずにいられないですね。

絶妙のタイミングを装った仕込み

スタジアムのオーロラビジョンに映し出されると大喜びするのが普通だけど、時には気づかずにボーッとしている人がいる。5月4日に3万人の観衆を集めて豪州で行われたラグビーの試合で、カメラが一見つまらなそうに鼻くそをほじっている青年を捉えた。 本人は…

BananaとBlueberryをブレンドして新果物“Bananaberry”を作る

Pinegrape(pineapple+Grape), Bananaberry(Banana+Blueberry), Kiwigerine(Kiwi+Tangerine)...一見奇妙に聞こえるこれらの名前は2つの果物を組み合わせた名前だ。 そして、例えばBananaberryならば、Blueberry色が混じったBanana型のフルーツがブラジルの市…

矢口真理の修羅場はこんな風だったのか?

ブラジルの街角でちょっとした騒動があった。 アパートのベランダで口論する下着姿の女とワイシャツ姿の男。その横の窓からパンツ一丁の男がカーテンをロープ代わりにして逃げ出す...群衆が撮影したこの映像では何のことか分からない。 そこでオフィシャルな…

Coca-Colaロゴの中に隠された世界一幸せな国・デンマークの国旗

Coca-Colaのロゴマークの中には国連が世界一幸せな国と認定する「デンマーク」の国旗が隠れている...“Open Happiness”を掲げるCoca-Colaにとっては誠に都合の良い発見で、早速、空港のベンダー横面のロゴ表示を活かして、デンマーク国旗を配布した。 素敵な…

堅く締められたボトルキャップは男女の出会いのきっかけになるのか?

「婚活」という言葉が示すように日本ではかなりの結婚難だけど、中国も1人っ子政策の影響で男女の人口比に歪みがあるからか、かなりの結婚難で、婚活ビジネスが盛んなようだ。 そこでCoca-Colaが「男女の出会いのきっかけ」を仕掛けた。一見、普通の500mlボ…

相撲レスラーに襲われたと言っても、ちゃんと相手にしてくれる保険会社

ブンデスリーガの強豪“Bayer Leverkusen”のホームゲームにおけるハーフタイムでの出来事。 突如スタンドに相撲レスラーが出現し、1人のサポーターのシャツを引き裂いてしまった。そして、テロップで"How do you explain that to your insurance company? Jus…

Coca-colaはベンダーで世界平和を目指す

“UNHATE”−憎み合うのは辞めて平和な世界を創ろう...2011年の冬、オバマ&チャベス、金正日&李明博など、世界の憎み合う国々、団体のトップがキスをする衝撃的なBENETTONのポスターが話題を浚った。BENETTONは常々、人種や宗教問題など世界の負の部分に切り込…

“Django Unchained”のオープニングが酷いピンぼけ。その訳は?

奇才・タランティーノの最新作“Django Unchained”を観に、劇場に足を運ぶ多くの人。待ちに待った映画がスタートするも、画面がぼやけている。暫く時間がたっても改善されない。 「故障? 実は3D?」などと人々がざわつき始めた頃、スクリーンに“BEBE CON, MODE…

深夜、危険な賭博場に親友を呼び出すドッキリ企画

ギャング経営風の危険な香がする賭博場。そこでポーカーに興じている男が深夜、親友に電話し、「€300の負け分を今すぐ払わないと帰れない。直ぐに金を持ってくれ」と頼む。当然深夜の電話で機嫌が悪い親友。しかし、不穏な空気を察知して渋々同意する。 金を…

Photoshop加工に警鐘を鳴らすDove...狙いはデザイナー、アートディレクター

何年か前から“Real Beauty”を標榜し、広告モデルにも素人女性をPhotoshop加工無しで使うなどしてきたDove。 “Evolution”は当時、かなり話題になった。 そのDoveが今度はPhotoshop加工技術を乱用するアートディレクターやデザイナーに狙いを定め、かなり挑戦…

髭を抜くとカップルの距離感がぐっと縮まる

髭剃りブランド“Wilkinson”がパリで実施した粋な仕掛け“Smooth Valentine's Day”。髭を抜くと薔薇だった...カップルの距離感がぐっと縮まる企画です。何をすればカップルが喜ぶか、完全に見切った素晴らしいターゲットインサイトです。

路上で突然プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングって劇場で行うショーのように「構えて観る」という使い方が多いけど、Copenhagenで行われたOPEL ADAMの仕掛けは「路上で突然」というサプライズ系の使い方。 OPEL ADAMが提供する「エクステリアで60,000色、インテリアで80,000色…

1人の好意的な反応を見逃さずに拡散させる

「1人の好意的なお客をもてなして拡声器のような存在に変える」というのは多くのブランドにとってやりたいことの1つであると思うけど、Taco Bellの“Speakeasy”なる企画はその点でうまくやっているのではないかと思う。 1月3日、ごく普通の青年“Elijah Daniel…

B2B企業の意外な仕掛け

バス停はイライラする場所だ。日本でもそうだけど海外だと特に時間通りにバスが来ない。そんなバス停のイライラを「モバイルのチカラで解決」というのがこの企画"Best Bus Stop Ever"のテーマだ。仕掛けたのはスマートフォンのチップセット製造で世界をリー…

採用現場で事件を起こす

「あなたのマネジメントスタイルは?」と問われ「情熱」と解答し、「あなたの短所は?」と問われ「頑固さ」と解答する....採用面接のよくある質問とよくある答えだ。Youtubeから書籍までHow toが出回ったお陰でほぼ全てが同じやりとりになってしまった。こんな…

無料で72時間ラジオジャックする方法

ラジオを使って広告するとなるとCM枠の購入が基本だけど、それではつまらないと考えたニュージーランドの広告代理店が思いついたのが「ラジオ局の近くで事件を起こし、お喋り大好きDJたちに四六時中事件の模様を実況中継させる」という作戦。 ターゲットとな…

ミラノの地下鉄の駅が東京・渋谷に!

月曜の朝、ミラノの地下鉄の駅で降りるとそこが東京になっている。駅の表示も「渋谷」、アナウンスも日本語寿司屋のポスターだって貼ってある。日本の新聞売場もあれば、芸者もいれば、渋谷や原宿に居そうな若者も大勢居るし、ラッシュアワーの整理係まで東…

ある日突然容疑者扱い!

空港の待合室で飛行機を待つ1人の女性。ふと顔を上げると目の前の人が読んでいる新聞の1面に自分の顔写真が。続いてテレビモニターに流れるニュースで危険人物として自分の顔写真が写されている。勿論身に覚えが無い。 こんなことがあれば誰だって気が動転す…

Coca-colaのベンダー企画も行く着く所まで行ったか?

ハグするとCoca-colaをくれるベンダー、唄ったり踊ったりするとCoca-colaをくれるベンダー...etcベンダーを使った“Share Happiness”というのがここ数年のCoca-colaが世界中で連打してきた企画の1つだけど、これは行き着く所まで行ってしまった感がある。 “Th…

WiFi使えません。

「WiFi使えます!」という“ホットスポット自慢”がカフェや商業ビルなどのウリになっている一方で、“アイススポット”であることを自慢する広告はお目にかかったことがない。 しかし、それがオランダの街角に登場した。仕掛けたのはKitKat。KitKatのタグライン“…

見よ! これが新聞のチカラだ!

Telenet, Coca-Cola, BNP Pariba...大手広告主3社のトップに1日だけの運転手が提供された。このサービスを差し出したのはNewspaperswork。ベルギーの新聞社で構成される業界団体だ。当然、ただで運転手を提供するはずは無く、ちょっとした罠が仕掛けられてい…